ホーム ニュース&メディア IARC 2022 オリヴィエ・フランソワ インタビュー

IARC 2022 オリヴィエ・フランソワ インタビュー

投稿に戻る
オリビエ・フランソワに聞く-国際自動車リサイクル会議IARC2022運営委員長、欧州リサイクル産業連合会(EuRIC)理事長

 

ICM:自動車リサイクル業界が現在直面している主な問題は何でしょうか?
オリヴィエ・フランソワ現在、ヨーロッパには2億5,000万台の自動車がありますが、今日の主な優先事項は、自動車が使用済みとなったときに正しく処理されるようにすることです。自動車リサイクル部門は、2000年に欧州議会が自動車産業に対して定めたリサイクル目標を、困難な状況にもかかわらず2015年という期限内に、自動車メーカーの完全な自主性のもとに完璧に達成しています。2022年末までに、型式承認と使用済み自動車を組み合わせた新しい規則が欧州委員会から発表される予定であるため、リサイクル業界は、自動車に含まれるリサイクル材を増やすという高まる要求を満たすための革新と投資を行う能力を持ち続ける必要がある。これは、提案されている拡大生産者責任(EPR)スキームのガバナンスによって、リサイクル業界が自動車製造部門のビジネスパートナーとして事業を継続できる場合にのみ可能です。典型的な例として、責任と費用のバランスが取れた状況は、自動車メーカーとリサイクル業界の間でウィン・ウィンの責任を共有していることで有名なベルギーのFEBELAUTO組織で見つけることができる。

 

ICM:今年のIARC2022大会が特に重要なのはなぜですか?
OF:欧州委員会が現在検討している最も重要なテーマには、例えば、新車における再生プラスチックの使用などがあり、このテーマに関する最新の報告書がIARC 2022で発表される予定です。この分野は現在、業界全体の将来に影響を与える大きな変化の中にあります。2001年の設立以来、IARCの役割は、常に情報を提供し、異なるELV関係者間の交流と議論のための中立的なフォーラムを提供することであった。IARC2022では、製造・リサイクル業界の主要関係者や意思決定者、また立法関係者が多数集まり、法的背景が変化する中でバリューチェーン全体にとって最善の方法を議論する予定です。

 

ICM:欧州委員会が発表した2023年の段階的な熱自動車の廃止は、リサイクル分野にどのような影響を与えるのでしょうか?
OF:今年および当面の間、自動車リサイクル部門にとって重要なことは、現在ヨーロッパにある2億5,000万台の自動車を正しく処理することです。新車が大量にリサイクル施設に届くようになるには何年もかかるでしょう。今のところ、内燃機関がバッテリーに置き換わったことを除けば、自動車の設計に使われている材料のほとんどは同じです(N°1スチール、N°2プラスチック、N°3非鉄金属など)。リサイクル産業は現在、原材料の主要な生産者となっている。EUで生産される鉄鋼の50%は当社の製品です。自動車業界のニーズの進化に伴い、生産能力とリサイクル原料の品質を向上させるため、当社は継続的に新技術に投資しています。廃棄物から原料を抽出するには、強力な専門知識が必要です。私たちはリサイクル産業を誇りに思っており、IARCのようなイベントは、私たちの成果に関する情報を共有するための重要な鍵となります。