ホーム ニュース&メディア 国際的な自動車リサイクル団体を募集しています

国際的な自動車リサイクル団体を募集しています

投稿に戻る
国際的な自動車リサイクル団体を募集しています

 

バーゼルからの最新ニュース:Thommen Groupリサイクル工場への初の工場見学、自動車用高電圧バッテリーの取り扱いにおける安全性に関する新しいワークショップ、展示会場がほぼ満席に。

 

自動車リサイクル業界のトップ企業幹部や専門家が7月5日から7日にかけてバーゼルで会合を開き、型式認証、ELV規制、鉄鋼の脱炭素化、再生プラスチックの使用など、自動車リサイクル業界が現在直面している切実な問題について議論します。

 

バーゼルから20kmほど離れたスイスのカイゼラウグストにあるThommen社のリサイクル工場を見学するエクスクルーシブ・プラントツアーを開催します。1936年に設立されたThommenグループは、スイス、ベルギー、ドイツ、イタリア、中国に25の拠点を持ち、スイスの大手リサイクル企業として発展してきました。今回は、鉄・非鉄スクラップヤード、シュレッダープラント、シャープラントなどを、限られた人数で初めて見学する機会を設けました。

 

また、高電圧の自動車用バッテリーをより安全に取り扱うためのソリューションとヒントに関する、情報満載で実用的な新しいワークショップにも参加することができます。自動車用高電圧リチウム電池の取り扱いには、時として未知のリスクや課題があります。このワークショップでは、どのような状況でもバッテリーを安全に取り扱うためのノウハウが学べます。保管や輸送に関する規制やグッドガバナンス、より安全性を高めるための更なる注意点や対策、最悪のケースに備える方法などを学びます。電池の製造から廃棄まで、安全な取り扱いのために。

 

IARC 2022の展示会場は、自動車産業向けの国際的な材料メーカーや機器メーカーでほぼ満席となっています。

第21回国際自動車リサイクル会議へ今すぐお申し込みください。バーチャルパッケージもございます。プログラムの詳細はIARCのウェブサイトをご覧ください。