ホーム ニュース&メディア 世界のバッテリー・リサイクルはこれから大きく成長する

世界のバッテリー・リサイクルはこれから大きく成長する

投稿に戻る
世界のバッテリー・リサイクルはこれから大きく成長する

 

世界のリチウムイオン電池のリサイクル分野は、昨年の46億米ドルから、2030年には228億米ドル(210億ユーロ)になると予想されています。Research&Marketsのアナリストによると、これは予測期間中の複合年間成長率が19.6%という規模に相当するとのことです。

リチウムイオン電池のリサイクル市場は、自動車や産業界を中心としたさまざまな最終用途産業で「激しい成長」を目撃することになります。新しいレポートによると、2020年に北米がリチウムイオン電池市場を支配し、今後8年間はリードすると予測されています。

 

一方、電池ケミストリー別では、チタン酸リチウム(LTO)電池ケミストリーが予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測されます。三菱自動車工業株式会社(日本)や本田技研工業株式会社(日本)などのメーカーによる電動パワートレインへのLTOの採用が進んでいます。(また、三菱自動車工業株式会社(日本)や本田技研工業株式会社(日本)などのメーカーによる電動パワートレインへのLTOの採用が、リチウムイオン電池リサイクル市場におけるLTO分野の成長を牽引すると予想されます。

 

市場別では、持続可能でクリーンなエネルギー源の活用に対する意識の高まりから、海洋分野が2番目に大きいと予測されています。用途に応じて、主要な造船会社は、長距離航行用に強化された電力性能を可能にするリチウムイオン電池技術を採用しています。このため、海洋分野でのリチウムイオン電池の利用が促進され、リサイクル用の使用済みリチウムイオン電池の発生につながった」とアナリストは書いています。

 

出典リサイクリング・インターナショナル、2022年4月15日